リーガルハイと99.9を法曹(志望)の視点で見てみた

これまでの振り返り

 

やっぱりブログの期間が空いてしまった。

お久しぶりです。

 

 ちなみにここからは夏に書きためていたものです↓笑

 

約半年ブログを放置してた間、サークルを引退したり、試験で死んだりとしていたわけですが、 

夏休みに入ったことで勉強のペースを保てるようになりました。

 

具体的には8月入ってから刑法の基礎マスを聴き始めて、昨日補講に入ったので8月中になんとか聴き終わりそうです。

本当は23日くらいに全部聴き終わる予定だったのでだいぶ遅れてしまいました。反省。

 

ちなみに何故刑法を聞いていたかというと、

9月の半ばから刑法の論マスが始まるからです。

私は今2年生で、1年の3月に入塾しましたが、自分が1年の4月の時点から始まっている講座を取っているので、もう論マスも進んでいるんです。

 

論マスで予習が入ることを考えると、できるだけペースを合わせて受講した方がいいと考え、民法よりも刑法を先に聞くことにしました。

 

今後は民法基礎マス→商法基礎マス→民法論マス→商法論マスの順番で聴き、

商法論マスはスケジュール通りに聞ければなと思ってます。

 

 

99.9とリーガルハイを見てみての感想

それで、今回一番書きたいなと思ったのはリーガルハイと99.9という有名弁護士ドラマについてです。

99.9はこないだの放送をみていたのですが、リーガルハイは最近急に法律ドラマがみたくなってDVDで借りてきて初めて見ました。

 

一応簡単には法律を触れた弁護士志望の人間の目線からこの2つのドラマについて書いてみます。

 

 

99.9について

正直今見ているリーガルハイに比べて、99.9は2ヶ月弱前のことなので記憶が薄いのですが(笑)

大阪南港事件を元にしたような事件があったり、法律事務所内の描写が上手く描かれていたり、弁護士志望の者としてはとっても面白いドラマでした。

 

あとは、刑事事件専門の要素を強めるためか、松潤主演の深山の過去から、冤罪が大きなテーマとして終始描かれていましたね。

そのせいか、弁護士寄り、検察を悪として描く描写も多かったように感じます。

 

そして、逆に弁護士として深山が依頼人の利益よりも「事実」を重視していること、これに違和感を覚えた人もいるはず...!(リーガルハイを見ている今、特に強くそう思います)

 

 これについては後からもうちょっと比較として出したいと思います。

 

 

リーガルハイについて

今見てるからか、こっちの方が思うことは多いです。
ちなみに、まだ1stシーズンの8話目までしか見てません(笑)

 

99.9同様コメディ色の強いドラマですが、リーガルハイの方が哲学的かつ法学的なことをさりげなく示している気がする。

 

99.9で深山が「事実」を追い求めてるのに対して、リーガルハイは古美門が「依頼人の利益が全て」と言っているのが特徴的。

 

それ以外にも、「民主主義」や「法治国家」、「死刑制度」など社会問題にも言及していた最後の方が面白かったです。
最高裁の裁判官に向かって言った「我が国の碩学であられる、あなた方5人です。どうか司法の頂点に立つものとしての矜持を持ってご決断ください」(うろ覚え)というセリフは痺れました。

 

ぜひ続編をやってほしいですね。 

 

共通点

99.9もリーガルハイどちらも「真実」と「正義」を否定している点です。

99.9は一見真実を追い求めているように見えるけれど、実際には事実を追っているにすぎず、真実や正義を否定しています。

 

どちらも弁護士の方が監修に入られているということで、特に刑事訴訟法の原則的な部分を少し入れているのかなと思いました。

 

まとめ 

正直見ていた時は、訴訟法をやったことがなかったので、憲法に近づけて考えながら見ていましたが、訴訟法(特に刑訴)をやってからだと刑訴に近づけて考えてしまいますね。

だいぶ勉強も進んだので、それを踏まえてもう一回どちらのドラマも見直したいところです。

 

次は、西村あさひ事務所についての本を読んだ感想と、現在の勉強の進捗について投稿できればいいな〜と思っています。

 

おやすみなさい。

試験勉強における時間術

「時間が足りない」

前の記事にも書きましたが、

lawyergirl.hatenablog.com

予備試験を目指すにあたって本当に時間が足りません。

もちろん周りみたいに、サークルを辞める、バイトを辞める等切り捨てが必要なのかもしれません。

ただ、一度両立すると決めたからにはいろんな時間を節約して時間を生み出していくしかありません。

 

現状の問題点

現在、伊◯塾のネット講義を聞いているのですが、

・土日にまとめて10時間くらい聞いてしまい、平日の勉強時間がない

・土日に予定が入ると一週間での進捗がない

・一度勉強し始めると、サークルやインターンのタスクが疎かになりがち

・読書と一問一答どちらをするべきか悩んでしまう

が主な問題点ですね。

 

実は、私バイトではなくインターンをしているので在宅業務が基本なのです。

だから自分で時間を管理してインターンのタスク時間と勉強時間を分けなきゃなんですよね。

 

 

解決方法

私なりの現在の解決策は、

  • 平日も1日1コマは必ず聞く(2倍速にすれば30分)
  • タスクについてはGTDの考えのもと管理を徹底
  • タスクのカレンダーへの落とし込み
  • 移動時間とお風呂上がりの寝る前は読書、それ以外は一問一答

こんなものですね。まだ成果があげられるかは分かりませんが、どうなったかは来月か再来月に振り返りしたいですね。

 

ちなみに↑にあるGTD

この単語聞いたことない人多いのではないでしょうか?

 

GTDとはGetting Things Done

LifeHackライフハック)のなかでも代表的なもので個人用のワークフローの管理手法

Getting Things Done - Wikipedia

 

私も先輩から本を紹介されて読んだのですが、一回読むと頭の中をすっきり整理させられるのでおすすめです。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 やりたいこと、やらなければいけないことを一回紙に全て書き出すことで、脳の中から今取り組まなければいけないこと以外をなくす方法ですね。

私はTodoistというアプリに、やらなければいけないことを全部登録して、この方法を使っています。

 

ただ、今でもタスクが疎かになることはGTDが完全にはできていないのが原因なので、もう一回読み直したいですね。

 

 

また、時間術については

世界トップリーダー1000人が実践する時間術

世界トップリーダー1000人が実践する時間術

 

 この本で一通り勉強しました。

 

1分を60秒、1時間を60分と時間を細かい単位で捉えること。

変わってもいいからビジョンを明確に持つこと。

細かいTODOリストを頻繁に作り直すこと。

作業時間を記録すること。

 

この本読めば他の時間術の本は読んでも時間の無駄かなと思えるくらいにはなりました。

タスク管理や時間術の本って読むべきだけど、読むことに時間をとられては本末転倒なところが難しいですよね。

 

地味に次回からは書評(という名のただの感想)も書いていきたいな〜と思っています。

 

 6月19日 mii

大学生にとっての優先順位の決め方

優先順位って大事だよね

司法試験の勉強をしている人なら誰もがぶつかる悩み。

 

時間が足りない

 

(ここでいう時間は試験時間ではなく、勉強時間のこと)

 

基本的に多くの司法試験受験生は、司法試験の勉強と並行して

  • 大学もしくは大学院
  • アルバイ
  • サークル
  • プライベート(遊びや恋愛、旅行)

を両立しているのではないでしょうか。

 

ただ、ここで大学1年生で誰もが見るツイート。

 

「大学生は、勉強・恋愛・バイト・サークルのうち、2つしか両立できない」

 

これを1年生で初めて見たときは、「全部両立余裕っしょ」「選ぶとしたら恋愛とサークル一択だわ」って思ってました(笑)

 

でも今見たらこれの正しさはよく分かって。

本当に本気でやろうと思ったら2つが限界。1つでも厳しいなって。

 

単位を取るだけの勉強、遊ぶお金を稼ぐだけのバイト、友達とわいわいするだけのサークル、てきとうに過ごすだけの恋愛、

それなら4つやっても時間は有り余るんでしょう。

 

でも、司法試験合格とか何かしらの学問を究めて、アルバイトでも効率や能率を追求して、サークルも毎回コミットして自分で動かして、大好きな人とできるだけ長く時間を過ごしたら、

それは1人の人間ではこなせないわけです。

 

本気になればなるほど時間って足りなくなるね。

 

そんな中で出てくるのが優先順位

正直、周りの大学生で優先順位つけて物事に取り組めてる人全然いないなって思うんですよ。

そんなに本気でやることがないのか、優先順位をつけるという考え方を持っていないのか。

 

何を優先するかは人それぞれだけど、優先順位を持たないと全てが中途半端に終わってしまって何も得られない。

そんな大学生活には、ひいては人生には、したくないですよね。

 

優先順位の決め方

そこで優先順位の私なりの決め方を書いてみます。

私の中での軸は大きく2つ。

  • それは今しかできないことか
  • それは将来に関わることか

これ自分の中ではけっこういい軸だなと思っていて。

「今しかできないことか」は父親に昔から聞かされていて、「将来に関わることか」は今のサークルで自然と考えるようになった価値観。

 

ただ、これ両者ともに当てはまる場合っていうのも少なくなくて。

 

例えば「予備試験に向けての勉強」と「サークル」。

予備試験に向けての勉強は、今しかできないわけではないが大きく将来に影響する。(事務所への就職が大きく変わるから)

サークルは今しかできないけど、私が入っているサークルがITやビジネス関連なので将来に関わるかといえば強く関わるわけではない。(一応入ってる意味はちゃんと将来に向けてあるんだけど)

 

その中で、どっちを取ればいいのか、その問題に悩むことは去年から今年にかけてとても多くて。

 

私が3月に出した結論としては、

12月の引退まではサークル、その後はすべてを勉強に費やす

という方向性。

 

理由は、

サークルが大学生の1回しかないこと

大学生のうちに本気で取り組むものはこれが最後だと思ったこと

サークルが大好きなこと

サークル運営の中で組織論、マネジメント等多くのことを学べること

たくさんありました。

 

「これで試験受からなかったらどうするんだ」って意見も勿論あると思うし、自分でもそれは考えたけれど。

もし試験にストレートで受からなくても、それでも時間を費やす価値のあるサークルだと思えたので、この方針を12月まで、そしてその後も貫こうと考えています。

 

 

本当は時間術やタイムマネジメントについて書こうと思っていたのに、

なんで優先順位の話になっちゃったんだろう(笑)

 

まあ優先順位の意思決定は大事ですねっていうのが結論。(雑)

 

 

 6月19日 mii

有名私立大学法学部2年のmiiです。

始めてブログを見てくださった方、はじめまして。

ブログの運営者の自己紹介とこのブログの目的について書きたいと思います。

 

簡単に自己紹介しておくと

●有名私立大学法学部に通う女子大生

●2016年3月から本格的に法律の勉強を始める

●1年での予備試験合格を目指す(笑)

●弁護士になりたい(というかなります)

●自称読書家

●ちょっと変わったIT系の意識高いサークル所属

●量産型大学生と呼ばれる格好してます

こんなものですね。

 

1年間で日本最難関とも言われる予備試験合格を目指す挑戦をしています!

 

ブログについて

さて、いったいなんでこのブログを書き始めたかというと、

今後、予備試験や大学院試験、司法試験を受けていく中で自分の勉強の記録を残しておきたい、

また司法試験受験生が書いたブログは現在ほとんどないので今後受けようとする人に少しでも参考になれば、

法曹界へのIT導入について自分なりに考えをまとめておきたい

と少しばかり身勝手で傲慢な理由から始めました。

 

「こんなブログ書いてないで勉強しろ!」という声が聞こえてきましたね。おっしゃる通りかもしれません。

ですが、司法試験の勉強だけして合格して、果たしてそれは良いことでしょうか?大学生という限られた時間をそれだけに使うべきでしょうか?

人によって考え方が別れるのは承知していますが、私はそうは思いません。

だからこそ、新しくブログというものを初めてみました。

 

 

ブログの内容は

●予備試験に向けての勉強法

●弁護士をはじめとする法曹界について

●最近のIT、テクノロジーについて

●ブックレビュー

●大学受験について

●最近の大学生について

●どうでもいい私の私生活と考え

などになるかと思います。

 

暇つぶしに読んでただけるような面白い、少し変わったブログになるよう書いていきますので、良ければ1年間で予備試験合格を目指す女子大生の無謀な挑戦に御付き合いください!

「書き続けてたら今話題のはあちゅうさんみたいになってたりしないかな〜」という甘い考えも持ってます。笑

 

 

2016年6月18日 mii